家族葬のプランとは?

最近では、葬儀も家庭によってさまざまなスタイルが出てくるようになりました。多様化した葬儀のスタイルの中でも最近よく聞くようになったのが、家族葬と呼ばれるものです。しかし名前は聞いたことがあっても、実際に家族葬に参列したり、自分が家族葬を行う立場になったことがなければ、どのようなものか分からないという人は少なくありません。

多様化する葬儀のスタイルを知っておくことは、いざ自分が喪主などになった時にも非常に役立つと共に、選択肢が広がることにもなります。いざ自分が喪主になった時に、どういったスタイルを選択するかを決めるためにも、家族葬のあり方やどのようなプランがあるかということをしっかり理解しておくことは大切です。

一般的に家族葬とは、葬儀に呼ぶ人を家族や親しい人に限定するというものです。プラン名に家族とはついているものの、家族だけしか呼んではいけないという縛りなどはありません。大切な人たちと少人数で故人を見送りたいという人に合ったスタイルになっています。密葬と同じようなイメージを浮かべてしまうかもしれませんが、密葬の場合は終了した後、あらためて家族や親しい人以外の人を呼んで本葬を行うというのが一般的です。それに対して家族葬の場合は、火葬や告別式なども家族や親しい人と済ませる点が異なっています。

呼ぶ人が多くなると、迎える側の遺族も忙しく大変に感じてしまうこともあるでしょう。また、故人の知り合いが少ない場合には大規模な葬儀を行う必要がないこともあります。そんな場合は、呼びたい人だけを呼んで、こじんまりと葬儀を行うことができるプランは非常に便利です。基本的に、呼ぶ人数が少なければ少ないほど葬儀にかかる費用も安くなっていきます。呼ぶ人が少なくてよいのであれば、費用を安くすることができる家族葬のプランを活用してみるのも選択肢の一つです。

大切な人が亡くなった直後は、家族のショックも非常に大きいため、葬儀の具体的なことを考えることが難しい状態になってしまっていることもあります。家族葬では、呼ぶ人を遺族側が決めることができますが、ショックが大きい時にそういったことを決めるのは難しいかもしれません。もし、このプランを葬儀の際に利用しようと考えているのであれば、事前に誰を呼ぶのか具体的に考えておくことをおすすめします。家族葬のプランについて理解するために、より詳しい内容について紹介します。そういった内容も含めて納得した上で、家族葬のプランを選択肢に入れることを検討してみるといいでしょう。

新着情報

2018年08月23日
ホームページを更新しました。